ボディボードを楽しむなら覚えておきたいマナー集

車を運転するのにルールとマナーがあるように海の上でもルールとマナーがあります。

これらを守らないと他人に迷惑をかけることになりとても嫌な気分にさせてしまいます。

ここではボディボードを楽しむためのマナーについて説明したいと思います。

1.ボディボードの基本的なマナー

ボディボードを楽しむ上で必要とされるマナーは、滑っている人の邪魔をしないということです。

海の上では、一本の波は一人が乗るというルールがあります。

これはサーフィンでも同じです。

海の上ではサーファーとボディボーダーが混在していますから、ボディボーダーだけでのルールではなくサーファーにも敬意を表しましょう。

ではどのようにしてそのルールを破ってしまうリスクがあるかというとドロップイン(前乗り)という行為です。

サーフィンもボディボードも波がブレイクする前にテイクオフして、波のパワーゾーンをキープしながら滑っていきますが、テイクオフするのも波のパワーゾーンであるピークにいる人に優先権が与えられています。

そのピークにいる人がテイクオフしようとしているかもしくはテイクオフしているのに、その進行方向でテイクオフして滑り出す行為がドロップイン(前乗り)と呼ばれ、ルール違反になります。

ボディボード初心者の方は、まだあまりテイクオフもコントロールが難しいかと思います。

その気はなかったのにドロップインしてしまった場合は、大きな声で謝りましょう。

2.ゲッティングアウト中のマナー

ボディボードでゲッティングアウトしていると前から滑ってくるサーファーやボディボーダーがいたりします。




基本的には滑っている人の邪魔をしてはいけませんから、彼ら彼女達の進行方向とは逆に向かって向きを変えてゲッティングアウトしましょう。

逆に考えてみれば、自分が滑っている時にみんながかわしてくれたら嬉しいけど、滑っている進行方法にわざわざ進んでくる人がいたらせっかくの気分が台無しですよね。

海は誰のものでもありませんからしっかりとマナーを守ってボディボードを楽しんでください。

3.ゴミは持ち帰る

コンビニで食べ物を購入したり、いくらかのゴミが出るかと思います。

いつもいくポイントにゴミが散乱していたら、誰もがとても悲しい気分になります。

なにより、そこに暮らしている人たちは、よそ者がゴミを散らかしていると知ったらトラブルの原因になりかねません。

当たり前のマナーではありますが、ボディボード初心者に限らず出したゴミは持ち帰りましょう。

4.喫煙マナー

喫煙される方は、灰皿を携帯しましょう。

海でタバコを吸うのは自由ですが吸殻のポイ捨てはいけません。

砂浜に吸殻があったり、海に吸殻が浮かんでいたらどんな気分でしょう。

大変悲しい気分になります。

5.友達と大騒ぎはやめよう

友人と海に入ると興奮と楽しさでついつい大騒ぎしてしまうものです。

そのポイントにたまたま自分たちだけであったら問題ありませんが、他の人が近くでボディボードやサーフィンしていたら度を超えた大騒ぎは控えたほうがいいでしょう。

陸に上がってからも同じです。

度を超えた大騒ぎもトラブルの原因になるので、大人数でボディボードをやりにいく時は、周りへの配慮を忘れないようにしましょう。

これらはとても大切なマナーです。




おすすめの記事