ボディボードに運動神経って必要?

趣味としてスポーツをはじめる時に難しいのかどうか気になるものです。

海で行うマリンスポーツの場合、泳ぎが得意でない方は特に気になるものでしょう。

ここではボディボートと運動神経の関係について触れてみます。

1.運動神経とボディボード

運動神経が良くないとボディボードができないかというとそういうことはないと思います。

第一にボディボードをやる目的は何かということを考えてみてください。

皆さんきっと楽しむためだと思います。

そして、人と競いあうものでもありません。

運動神経のよい方でも、はじめはなかなかできませんが、それでも波の小さいところや潮の流れの弱いところに行けばたくさん波に乗ることができます。

運動神経が悪い方より、良い方のほうが上達は早いかもしれませんが、ボディボードをやる上で大切なのは、基礎体力と柔軟性、体重移動とタイミングの取り方でしょう。

つまりバランス力だと思いますので、こういうものは何度も何度も繰り返すことで誰でも出来るようになるものです。

今ボディボードをやっている人で高度な技ができないからといってやめていった人がいるでしょうか。

ほとんどいらっしゃらないかと思います。

楽しむことが目的なので、ゲッティングアウト、テイクオフができれば波に乗ることができてそれなりに楽しいものなのです。

これからボディボードをはじめる方で運動神経の良し悪しを気にされている方は、そのような心配は忘れてしまってよいかと思います。

いかに楽しむべきかを考えて、イメージすることのほうが大切です。

楽しいことをイメージするのは、とても大切です。




自分が波を滑る状態をイメージトレーニングするのですから、考えるだけでトレーニングしているようなものです。

2.海のコンディションと自分の状態

泳ぎが得意でない方は、海のコンディションをよく把握することが必要です。

地形によって、波が大きかったり、掘れ方や潮の流れがきつかったりします。

泳ぎの得意な方や、上級者でも海のコンディションが悪い時は流されてしまったり、危険な目に合いますので、初心者や泳ぎの得意でない方は自分の入るポイントの特徴をよく調べておき、海に入る日の気象状況や潮汐もちゃんと調べておきましょう。

コンディションの悪い時は、思わぬ危険に遭遇した時に対処が遅れる危険があるので波が高いなと感じたり、風や潮の流れがきついと感じる時は、海に入るのはやめましょう。

ポイントの海の特徴をあらかじめ知るためには、ボディボードショップの店員に聞いたり、ボディボード雑誌やインターネットで確認することができます。

気象情報や潮汐表もインターネットで確認することができるので、海にいく予定の日はこまめにチェックするとよいでしょう。

また、海に入る前は自分のコンディションの良し悪しもちゃんと把握しておきましょう。

どんなに運動神経が良くて体力がある人でも、健康状態が悪かったり、寝不足だったりすると十分に力を発揮することができません。

海はとても素敵なところであり、ボディボードはとても楽しいマリンスポーツですが自分の体調管理ができない方には不向きかもしれません。

それはどんなスポーツでも同じです。

ボディボードは、運動神経の良し悪しよりも海と自分のコンディションを把握して対処できる力のほうが必要かもしれません。




おすすめの記事