ボディボードでなりやすい筋肉痛とその予防やケア

どんなスポーツでも急激にハードにチャレンジすると筋肉痛を起こします。

ボディボードも例外ではありません。

ここではボディボードにチャレンジすることで起きる筋肉痛とその予防やケアなどについて触れてみたいと思います。

1.ボディボードでの筋肉痛

ボディボードは全身運動です。

ボードの上で上下左右に体重移動しながら向き変え、キッキングで推進力をつけるので、ボードと体を密着させて調整させる腕も重要な役割を担っています。

まさに全身を使うマリンスポーツです。

特に体重移動によって重心をブレさせないようにするために、ボードの上での姿勢が重要になってきます。

胸を張って体を反らせる姿勢をキープするので、腹筋や背筋を良く使うようになります。

脚はキッキングで使用しますし、ボードと体のバランスをはかるには腕の力も必要となります。

いずれも陸上で普通の生活をしていると使う筋肉ではなりので、初心者の方ははじめるとすぐに筋肉痛になるのは間違いありません。

特別なトレーニングをしなくても何度か海に行って、ボディボードをやっているうちに自然と必要な筋力がついて筋肉痛にはならないような体になりますが、日々のケアは怠らないようにしたほうがよいでしょう。

2.筋肉痛の予防ケア

まず筋肉痛になってしまった場合のケアについて触れてみます。




ボディボード初心者の方は、普段陸上でどんなにトレーニングしている方でも初日の後は必ず筋肉痛になります。

終わった後にストレッチで全身をほぐしてあげましょう。

ほぐしたあとは、温かいお風呂に入って体を十分に温めてあげることが必要です。

お風呂から上がった後に、マッサージをしてあげれば完璧です。

初めてボディボードをやった方でも筋肉痛を和らげることができるでしょう。

筋肉痛は切り傷や打撲とは異なります。

体を温めてマッサージすることで軽減させることができるので、海から上がった自分の体を十分にケアしてあげましょう。

次に海に入る前の予防ケアです。

どうしても陸上で使う筋肉とは異なるので、慣れないうちは筋肉痛は避けられませんがなりにくい体つくりも必要です。

柔軟で血行のよい体作りをすることです。

柔軟な体はしなやかな筋肉を形成しますし、無理な力のいれかたを避けてくれます。

血行がよいことは体が冷えにくくなりますし、健康維持にもつながって一石二鳥です。

そのような体をつくるためには、普段からストレッチをすることがよいでしょう。

忙しい方は風呂上がりにストレッチする習慣をつけるだけでかなり体が柔らかく、血行がよくなります。

ボディボードを始める方は、今日からストレッチの習慣を身につけましょう。

海に入るのをイメージしながらストレッチするのもなかなか気持ちのいいものです。




おすすめの記事