パドリングのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードで前に進む推進力をつけるには2つの方法があります。

一つはキッキング、二つ目はパドリングです。

なぜキッキングだけではいけないのか、パドリグだけではいけないかなど、ここではパドリングについて簡単に説明していきたいと思います。

1.ボディボードにパドリングは必要か

ボディボードで前に進むためには、推進力をつける必要があります。

通常は、キッキング(足こぎ)だけで前に進みますが前に進む力がもう少し必要な時にパドリグを併用することがあります。

パドリングは腕で水を掻いて前に進む動作のことを言います。

主にサーフィンで使用するものでボディボードではあまり使いません。

なぜボディボードではあまり使われないかというと上手にパドリングを併用させないと逆効果になることが多いからです。

腹ばいになってキッキングするボディボードでは、胸を張って体を反らせることで重心を安定させます。

この姿勢を維持することでキッキングの推進力がダイレクトにボードに伝わり前に進むことができます。

パドリングをするということはノーズから手を離して腕を回すことになります。

そうなると多くの方が姿勢を崩してしまいボードと体の重心が不安定になってしまいます。




重心が不安定になるということは推進力がボードに伝わらず、せっかくのキッキングの力を殺してしてまうという結果に陥ります。

これらの理由からボディボードでは通常時は、キッキングのみで前に進むほうが効果的とされています。

2.ほんのちょっとした力が必要な時

しかしながら、キッキングとパドリングを併用することに慣れるとほんのちょっと余分に力が必要な時に効果的なことがあります。

たとえばテイクオフする時にほんのちょっと前に行く力が足りないときなど、パドリングの併用が有効になります。

ボディボードにおいてキッキングとパドリングの併用のコツはバランス感覚です。

体はいつもよりもほんの少し前に持っていくと重心を取りやすくなります。

コツとしては、パドリングだけでボードと体を一体化させて重心を固定させて、そこにキッキングを加えていく感じです。

通常の重心位置でパドリングを併用させると間違いなくノーズが上を向いてしまいひっくり返ってしまいそうになるでしょう。

そんなに難しいことではないので、たまに練習してできるようになるのは悪いことではありませんが、キッキングでの推進力に磨きをかけて、他のテクニックを練習したほうがボディボードの魅力を堪能しやすいと思われます。




おすすめの記事