正しいプルアウトのやり方 | 趣味のボディボード

ボディボードやサーフィンにとってプルアウトは上手なワイプアウトをやるのと同じぐらい重要です。

難しいテクニックではありませんが、ルールやマナーを守る上で絶対必要なテクニックになりますのでしっかりと覚えましょう。

ここではプルアウトのやり方について簡単に説明していきたいと思います。

1.プルアウトはボディボードのルールを守る上で絶対必要

ボディボードのマナーのところでも触れましたが、ボディボードとサーフィンには絶対に守らないといけないルールとマナーがあります。

それは、すでに滑っている人の進行方向でテイクオフしないこと、そして波のピークでテイクオフする人の進行方向でテイクオフしないことです。

とはいえ、人が波のピークポイントで混み合っている時はタッチの差でテイクオフすることもしばしばあります。

人が混んでいる時はそれだけ競り合わないと波に乗れない時もあるからです。

プルアウトとは、テイクオフしたけどすぐにやめて波の裏側に戻る動作のことを言います。

テイクオフしたけどすでに優先権のある人がテイクオフしていた場合は、すぐにレールを入れてターンして波のトップに戻りましょう。

すぐにレールを入れてノーズを上げてあげれば波の裏側に行けるはずです。

その時に優先権のあった人に会釈などすると配慮の効いた気持ちが相手に伝わり、その後もお互い気持ちよくボディボードやサーフィンができるでしょう。




プルアウトは、方向転換、ターンの基本になるので絶対に覚えましょう。

覚えることで滑っている時にゲッティングアウトしている人を避けることができるようになったり、自分や相手を守ることにもつながります。

ボディボード初心者がテイクオフを覚えてからまず覚えたいテクニックのナンバーワンだと思います。

2.間に合わなかった時はどうするの

掘れる波で、プルアウトが間に合わなかった時は直進し、優先権の方を先に行ってもらうようにするか、少し横に滑ってからプルアウトできるタイミングをはかるとよいでしょう。

最悪なのは、そのままワイプアウトすることです。

優先権のあった方を巻き込むことになりかねないのでとても危険です。

掘れる波でボディボードをするときは、プルアウトができるスキルを身につけてからにしましょう。

なかにはボディボード初心者でそのようなルールやマナーを理解されていない方もいらっしゃいます。

時には相手のワイプアウトに巻き込まれるおそれもあるので、危険を感じたら離れるようにしましょう。

常に自分の周りにいる人たちがどれくらいのスキルの持ち主なのかを観察するくせをつけると万が一の危険を回避することができるようになります。

ボディボードやサーフィンでプルアウトを覚えるということは、車でいえばやっと免許がもらえたような感じでしょう。




おすすめの記事