トップターンのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードのテイクオフとボトムターンを覚えた方は、トップターンを覚えることでカットバックや他のテクニックへのつなぎができるようになります。

まさに一本の波でのロングライディングが可能となり、ボディボードの魅力を堪能できるでしょう。

ここでは、トップターンについて簡単に説明していきたいと思います。

1.ボディボードでのトップターン

ボディボードのトップターンとは、文字通り波のトップ付近で進行方向を変えてターンすることをいいます。

波のフェイスをそのまま滑っていってしますと、波のパワーゾーン(波が崩れるまえの切り立つところ)から抜けてしまいますから、波の上を滑っていくことができなくなってしまいます。

トップターンとは、そのパワーゾーンから抜け出さずに進行方向を切り替えてあげるターンのことなんです。

ボディボードのカットバックでは、トップターンから深く切り込んでスープまで戻ってさらに進行方向を切り返すので一連の動作がシャープで派手に見えますが、トップターンを覚えることでカットバックを半分身につけたようなものでしょう。

そして波のボトムで切り返してトップでも切り返すことができるようになるので、波のパワーゾーンを的確に捉えてロングライディングが可能になります。

2.トップターンの流れ

ボディボードのトップターンの流れは次のとおりです。

テイクオフからボトムターンで切り返して、スピードを上げて一気に波のトップまで駆け上がります。




トップターンは波のトップで進行方向を変えるものですが、波のトップまで上がりきってしまうとアクションが起こせませんので、トップに上がりきる少し手前で進行方向を変えてあげる必要があります。

具体的には、ボトムターンと同じように進行方向側のレールを波に食い込ませてターンしていきます。

やはりここでもボトムターンでしっかりとレールを波に食い込ませてトップに上がるスピードをつける必要があります。

スピードをつけてトップに駆け上がる少し手前で今度はボトムで波に食い込ませたレールとは逆側(進行方向側)にレールを波に入れて上げます。

スピードが十分についていれば、レールが入るだけできれいにターンが決まるでしょう。

トップターンが決まればボトムに降り始めますので、レールを抜いてあげましょう。

そしてそこから再びボトムターンにつなげることでロングライディングが可能になります。

3.波のコンディションを読んでロングライディング

ボディボードでトップターンを身につけ、上下(縦)に滑れるようになると、一本の波を最後まで滑り切ることができます。

ボトムターンとトップターンだけでは見た目にはそれほど派手ではありませんが、最後まで乗り切ることでまさに波を感じて滑ることができるといってもいいでしょう。

最後まで乗り切るという感覚こそ、ボディボードの醍醐味かもしれません。

波は地形や気象条件、潮汐の状況で多様に変化し、一つも同じものはありません。

波を感じて滑るということは、自然を感じるということでもあり、地球の波動を感じることでもあります。

ボディボードを楽しみながら自然を感じることができるのは人生の楽しみにもつながるでしょう。




おすすめの記事