波待ちのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードでテイクオフして波に乗るには、波が来るのを待つ必要があります。

いったいどのようにして波待ちをするのでしょうか。

ここではボディボードの波待ちのやり方について簡単に説明したいと思います。

1.ボディボードの波待ちは重心の取り方がポイント

ボディボードをやる人もサーフィンをやる人もうねりがきて、波がブレイクするピークポイント周辺で波を待ちます。

うねりが来ると皆が一斉にピークポイントめがけて走り出します。

それまでの間、波を待つのですがボディボードの場合はどのようにして波待ちをするのでしょうか。

ボディボードは運動量の多いスポーツですから、波待ちの時はなるべく体力を消耗しないやり方で行う必要があります。

基本はキッキングしている時の姿勢を保ちつつ、少しテール側に重心をとりましょう。

キッキングの時より少しノーズが上げて、重心を安定させるとボードはぐらつかずに落ち着きます。

この体勢を覚えるとちょっとした小休止にも使え、体を休めることもできるようになります。

この体勢のほかには、ボードの上に座るスタイルもありますがこれはバランスをとるのがとても難しいですし、キッキングの体勢に戻るのにワンテンポ遅れるのであまり有効な波待ちではありません。




それでもいろんなやり方を覚えることは楽しいことなので、波の小さい時などに練習するとよいでしょう。

そしてうねりが遠くからやってくるのが見えたらすぐにキッキングの体勢に戻して走りだすとよいでしょう。

2.波待ちから方向転換

波待ちの次にボディボードに必要となってくるのは方向転換です。

波を待っている時は体とボードは沖に向いていますが、テイクオフする時は岸に向かなければなりません。

波待ちからの方向転換をスムーズかつ素早く行うことでより多くの波に乗れるようになりますのでしっかりと覚えることが必要です。

イメージは体とボードを鉛筆のように垂直に立てて、くるっと回転させる感じです。

やり方としては、一旦ノーズを上げて体の重心をテール側にさらに移動させます。

そうすることで体とボードが垂直になるので、体をひねりながら水中で足をキックさせてあげます。

体とボードの重心を揃えることと、体のひねりと足のキックのタイミングをつかめれば驚くほど簡単に回転できるのでとても面白いです。

回転できたらすぐに重心を戻してキッキングの姿勢に入り、テイクオフにつなげてあげれば一連の動作は成功です。

あとはテイクオフして波に乗るだけです。




おすすめの記事