スピンの仕方 | 趣味のボディボード

趣味としてボディボードをはじめた方がまず一番にやりたいと思うのがスピンでしょう。

波の上をくるくると回転する様子を見るととても気持ちようさそうですよね。

ここでは、ボディボードのスピンの仕方を説明致します。

1.スピンの仕方のポイントはなにか

スピンはボディボードのテクニックの一つで波の上を走りながら360度の回転をするものです。

陸上から波乗りするボディボーダー達を眺めていると一番目につくのがこのスピンでしょう。

波の上でくるくると回転するのですから、見た目のインパクトがとても高いです。

スピンをやるにあたって、テイクオフ、ボトムターン、レールの扱いなどをしっかり身につけておく必要があります。

スピンの基本は、ボトムターンから始まります。

ボトムターンでは、波のボトムにしっかりと降りて、ボトムにレールをしっかりと食い込ませて力をためて波のトップに走っていくテクニックです。

この原則は、ボディボードでもサーフィンでも同じです。

スピンでは途中から変化が必要です。

波にしっかりと食い込んだレールを波のトップに差し掛かる途中で、波から抜く必要があるのです。

きれいにボトムターンができ、波のトップに向かっているのならばトップに差し掛かる途中ではレールは波から外れているはずなのでできるはずなのですが、はじめはなかなかイメージと自分の行動があってきません。

ポイントはボードの上での体重移動でしょう。

レールが抜けて波のトップ近くなった時に体を思い切り反らせて腕を伸ばします。

そして膝をボードにのっけるぐらいのイメージで後ろにも体重を乗せてあげます。




こうすることでボードは回転をはじめるでしょう。

もうひとつは目を向ける方向です。

ヘッドムーブと呼ばれますが、回転する方向に頭、視線を向ける必要があります。

自然を回転方向に向けることで、自然と体と体重がそちらに向かい、回転力を継続させることができます。

難しいのは、これら一連の動作をボトムターンから波のトップに向かうまでの間にタイミングよく行うことでしょう。

2.ボディボードはボトムターンができれば上達へ

サーフィンでも同じですが、ボディボードもボトムターンが上手い方とそうでない方では雲泥の差がでてきます。

スピンの仕方が上手い方とそうでない方もボトムターンに起因している方が多いでしょう。

ボトムターンをしっかりできるということはスピードを十分につけることができる証拠でもありますので、ボトムターンの練習は怠らずにやりましょう。

ボトムターンが綺麗にできれば、レール抜きと体重移動のタイミングを覚えることでスピンの仕方驚くほど美しく行うことができるでしょう。

3.何度もチャレンジ

波の形状やパワーなどにもよりますが、ボディボードをはじめたばかりの頃は、たまたまできる時もあればできない時もあるでしょう。

本当はいつも同じコンディションで練習できるのがいいのですが、自然である波のコンディションはいつも同じではないので、いろんな波で何度もチャレンジしましょう。

何度もチャレンジすることで、スピンの仕方もイメージに近づくことができます。

そして何より、いろんな波があるということを体感でき、ボディボードの魅力に引き込まれ、趣味のボディボードをさらに楽しむことができるでしょう。




おすすめの記事