ワックスの落とし方 | 趣味のボディボード

ボディボードには滑り止めとしてワックスを塗りますがボードメンテナンスの観点からすると海から上がって家に戻ったら毎回落としてあげたほうがいいです。

ここではワックスの落とし方について簡単に説明したいと思います。

1.ボディボードのワックスを落とす必要性

ボディボードのボードを長く、大切に使っていくためのメンテナンスの観点から考えるとワックスは毎回落としてあげたほうがいいでしょう。

毎回は無理でも、頻繁に海に行く方でも定期的に落としてあげる必要性があります。

なぜならワックスを塗ったままでは効かなくなり、滑り止めの効果が発揮されなくなります。

だから頻繁にボディボードをやる方でも毎回海に入る前はワックスを塗っていると思います。

そうなると海水と砂などの汚れが付着し、だんだんドス黒く汚れてしまい、せっかくのお気に入りのボードが台無しになってしまいますし、ワックスをつけたままの状態にしておくとボードの劣化につながります。

2.ワックスの落とし方

サーフィンの場合でのワックスの落とし方は、しゃもじのような形をしたスクレーパーとリムーバーと呼ばれるワックス落としを使うときれいに落ちます。

リムーバーを使わなくてもスクレーバー一つで落とすことができますが、やや面倒で時間がかかってしまいますが、ワックスの落とし方も人それぞれの好みでしょう。

ボディボードで使用しているワックスも同じなので、同じリムーバーを使うことは可能ですがこのやり方はあまりオススメできません。




なぜなら、サーフボードは表面を硬い樹脂で覆われているのでリムーバーで溶けたり、塗装が剥がれたりすることはないのですが、ボディボードの表面は柔らかい素材の樹脂で覆われているため、
リムーバーを使用していまうと表面の塗装が落ちてしまうおそれがあり、きれいな塗装がまだら模様になってしまいます。

ボディボードでのワックスの落とし方として最もやりやすいのは、ドライヤーで温風をあててあげてワックスが溶けてきたところで拭き取ってあげるのがよいでしょう。

ドライヤーで温風をあててあげるとワックスはあっという間に溶けてきますから、ここを逃さずいらなくなった雑巾や新聞紙で拭き取ってあげるときれいに落とすことができます。

注意点はドライヤーの温風をボードの近くであててしまうとボードを痛めてしまうことです。

温風をあてるときは適度な距離感をもって温風をあてるようにしましょう。

ワックスは熱で解けるので、バスルームなどで一気に落とすやり方もありますが、排水溝に流れたワックスはいずれ冷えて固まってしまいます。

環境面を考えてもこのようなやり方はオススメできません。

ボードにこびりついたワックスを落とすときれいになって気分もよくなるものです。

せっかくのお気に入りのボードは、きれいにメンテして部屋の中でもオブジェとして飾ってあげると海にいるような気分になれて精神的にもリラックスできそうですね。

是非、ボードのメンテナンスをこまめにしてあげましょう。




おすすめの記事