バックサイド180のやり方|スケートボードのオーリー

スケートボードのバックサイド180とは、オーリーをして空中で背中側に180度スピンするトリックです。ブラインドサイド180とも呼びます。

オーリーができるようになった、フロントサイド180と一緒に次に覚えたいトリックです。

バックサイド180について解説していきます。

1.スケートボードのバックサイド180とは?

バックサイド180はオーリーしながら、レギュラーの人なら右回地、グーフィーの人なら左回りにスピンするトリックです。進行方向に背中側を向けるようなトリックですので、バックサイドと呼ばれます。

後ろ向きで行うような、進行方向が見えない形になるので、進行方向が見えるフロントサイドよりも習得は難しいと言われています。

2.バックサイド180やり方

スタンスはオーリーのスタンスと同じですが、前足のつま先を若干かかと側にずらしたほうがやりやすいです。

スタンスが決まったら、スケートボードをプッシュして真っすぐ進みます。そして腰を落としてタメを作ります。

上半身をスピン方向に回転させながら、ジャンプをするように体全体で伸び上がります。同時に後ろ足でテールを弾き、オーリーを行います。

オーリーのように足とデッキを持ち上げながら、上半身についていくように、下半身とデッキ回転させます。空中のピークで90度回し、降りながら90度回すイメージで180度回転させます。

背中側に180度回転して両足を伸ばして着地して終了です。




3.練習方法

バックサイド180などスケートボードのスピン系トリックは、止まった状態で行うのが難しいトリックですので、遅いスピードでも滑りながら練習しましょう。

オーリーをしながらバックサイド180をする前に、オーリーをせずにスライドで180する練習をするのがおすすめです。

やり方はオーリーのバックサイド180と殆ど同じなのですが、テールは蹴らず、オーリーでジャンプする寸前で伸び上がりをやめて、足が地面から離れるか離れないかのタイミングでデッキを回転させます。

アスファルトなどの荒れた路面では、抵抗が強くてスライドが難しいのでコンクリートなど綺麗な路面で行うと簡単にできます。

スライドで行うバックサイド180でも、回転の先行動作のやり方や、足の回し方などは殆どオーリーで行うバックサイド180と同じです。バックサイド180はスピンの最中の足の動かし方が難しいトリックですので、スライドで感覚をつかみましょう。

1.できない人は

理想的には、オーリーと同じように真っ直ぐテールを弾いて、空中に出てからスピンするのが理想です。

しかし最初から空中だけで180するのは非常に難しいです。

ですので最初はポップショービットのように、テールを少しかかと側に蹴ると板が回転して回りやすくなります。

どうしてもできない人はポップショービットを活かすのもおすすめです。




おすすめの記事