フェイキーオーリーのやり方|スケートボードのオーリー

スケートボードのトリック「フェイキーオーリー」を解説します。

オーリーと同じような動きをしますので、オーリーができる人なら比較的簡単に習得することができます。

フェイキーオーリーを覚えると、トリックの幅が非常に広がりますし、オーリーの上達にも繋がります。

1.フェイキーオーリーをやる前に

フェイキーオーリーとはフェイキー方向に進みながら、行うトリックです。レギュラーの人なら、右足を前にして進みながら、右足で地面を叩いてオーリーを行います。

進行方向にノーズを向けるのか、テールを向けるのか悩むかもしれませんが、基本的にテールを進行方向に向けてテールで地面を叩くのが、やりやすいのでおすすめです。

フェイキーオーリーに挑戦する前に、スイッチで進む練習とオーリーを習得しましょう。

オーリーは完璧にできている必要はありません。両足が少し浮くくらいできていれば大丈夫です。逆にフェイキーオーリーも練習はオーリーの練習にもなりますので、オーリーと同時進行して練習するのがおすすめです。

2.スケートボードのフェイキーオーリーのやり方

スタンスはオーリーとほぼ同じにします。
そのスタンスのまま普段とは逆方向のフェイキー方向に進んでいきます。

腰を落としてタメを作り、ジャンプをしながら前足でテールを踏み込んで地面に弾きます。それと同時に後ろ足を持ち上げます。




後ろ足を持ち上げたら後方に押し出します。すると後ろ足を支点にして、テールが持ちがりますので、足を上半身に引きつけます。

足を伸ばして、両足同時に着地すればフェイキーオーリーの完成です。

1.フェイキーオーリーのコツ

動きはオーリーとほとんど一緒ですので、オーリーができる人ならコツを覚えればすぐにできるようになると思います。

オーリーができるひとでも、初めて挑戦する人はつんのめるようになることが多いです。スケートボードの特性上どうしてもそうなってしまいます。

ですのでコツとしては、重心を後ろ足寄りに構えて、前方に向かって蹴るように弾くのコツです。

地面に向かって蹴るのではなく、水平に蹴るようにやっているという意識の人もいるくらいです。想像よりも思い切って前方に向かって蹴って見てください。

3.練習方法

フェイキーオーリーを練習する時は、最初はゆっくりのスピードで行います。ゆっくりでも良いので滑りながらやらないとフェイキーオーリーの練習にはなりません。

普段とは反対方向に進んでいくので、最初はただスケートボードに乗って進んでいくだけでも難しいと思います。広いスペースがあるところで余裕を持って構えに入れる所で練習するとやりやすいです。




おすすめの記事