バックハンドスライスでのリターンのやり方 | 趣味のテニス

片手持ちバックハンドって気持ちよく打てればとてもかっこいいですよね。

しかし速いサーブや跳ねるサーブが来た時、苦戦する方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は「片手持ちバックハンドリターンの基本」をご紹介していきたいと思います。

1. リターンの方法

片手持ちバックハンドリターンの場合、リターンの方法が2種類あるといえます。

1つ目が片手持ちバックハンドのスピンストロークを打っていくリターン。

そしてもう1つがバックハンドスライスでのリターンです。

今回はスライスとしてのリターンをご紹介していきたいと思います。
(スピンストロークでのリターンは他の記事でご紹介致します。)

2. リターンのフットワーク

テニスにおいて基本的なバックハンドスライスのリターンのフットワークは3ステップで打っていけると理想的です。

まず1ステップ目はボールに向かってサイドステップします。

この時1ステップでしっかりと自分の中でリズムを作っていくことを意識しながらボールへ近づいていきましょう。

2ステップ目は軸足(右利きなら左足、左利きなら右足)を一歩横へ出して、打つ準備へと入ります。

3ステップ目でボールに向かって踏み込む形で軸足と逆の方を出していきます。

この踏み込みで重心が少し前へ移動すると思うので、その勢いのままボールを打っていきましょう。




もう1つ、2ステップでもリターンすることができます。

先ほど紹介した3ステップの最初のステップがなくなったものです。

1ステップ目で軸足を出して軽くタメを作ります。

2ステップで踏み込みに合わせて、スライスリターンをしていくというステップです。

3ステップよりも2ステップの方がテンポが速くなるので、力のタメは作りづらい分ブロックリターンなどに向いているステップです。

リターンは相手のサーブのリズムに合わせてしまいがちなので、このステップでしっかり自分のリズムを作ってリターンしていきましょう。
このリズムを作るという点においては、バックハンドスライスでのリターンだけでなく、他のテニスのショットでも重要になってきます。

3. スイング

では次にバックハンドスライスでのリターンのスイングについてご紹介致します。

スイングは基本的なストロークのスライスと変わらないのですが、一つ気を付けるべきポイントがあります。

それはコンパクトにスイングをすることです。

テニスにおいてリターンというのは相手のサーブを返していくため、基本的なストロークよりも速いボールを飛んでくることが多いです。

そのため通常よりも少し小さいコンパクトなスイングを心掛けることで、振り遅れなどのミスを防ぐことができるからです。

加えて早めのテイクバックもミスを防ぐポイントとなります。




おすすめの記事