ドロップボレーの打ち方 | 趣味のテニス

ストロークでドロップショットがあるように、ボレーにもドロップボレーというショットがあるのをご存知ですか。

プロの選手のように回転をかけてネットすれすれにドロップボレーをするのは難しいのですが、基本的なドロップボレーは実はそんなに難しくないのです。

今回は「ドロップボレーの打ち方」についてご紹介いたします。

1.基本的なドロップボレー

ドロップボレーと聞くととても難しいイメージを持つ方が多いかもしれませんが、実はそんなに難しくないのです。

今回ご紹介するドロップボレーは、プロの選手がよく使う回転をかけるドロップボレーではなく、ネット前に落とすドロップボレーです。

イメージとしては、テニスラケットを振らずに構えておいて、来たボールを下に落とすように打つショットです。

つまり当てるだけなので、コツさえつかめば通常のボレーよりも簡単という人もいるかと思います。

2.安定させるコツ

ドロップボレーを安定させるコツとしては、ネットギリギリまで近づくこと、テニスラケットを動かさないことです。

まずネットギリギリまで近づくことですが、ドロップボレーでよく失敗する理由としてネットから離れた状態で無理に回転をかけようとして、ネットにひっかけてしまったり、飛びすぎてしまうという点です。




しかし、ネットギリギリまで近づけば回転をかけなくても、下に落とすように打つだけでネットを簡単に超えるし、飛びすぎないドロップボレーを打つことができます。

この時のもう一つのポイントが、ラケットを振らないことです。

ネットギリギリに立つことができればテニスラケットを振る必要はありません。

むしろ下に落とすための正確な面作りが必要となってきます。

そのため、ネット前まできたら、テイクバックはボールを落としたい場所に向かって面を作る事です。

面さえ上手く作ることができれば、後はボールを待つだけです。

壁を作るイメージでボールをブロックして打つ意識でボレーしましょう。

ボレーは踏み込んで打つと聞くことが多いと思いますが、ドロップボレーの場合は踏み込まない方が良いと個人的には思っています。

その理由としては、そもそもネットギリギリに立っているので踏み込むのが難しいからです。

ネットを触ってしまったら、ネットタッチといい、相手のポイントになってしまうので要注意です。

それに加えて面を少し下に向けた状態で踏み込むと、ボールを落としたい場所への面がずれてしまうからです。

ドロップボレーはしっかりとした準備が必要なショットなので、しっかり余裕を作った状態で打っていきましょう。




おすすめの記事