フォアハンドでのハイボレーの打ち方 | 趣味のテニス

ボレーの中でも特に決め球となるのがハイボレーです。

しかし、チャンスだと思って打つからこそ実はミスが多いショットなのではないでしょ
うか。

そこで今回の記事「フォアハンドでのハイボレーの打ち方」でもう一度ハイボレーについて確認していきましょう。

1.ハイボレーって

基本的な打ち方などをご紹介する前に、ハイボレーとはどういうショットなのかをまずご紹介したいと思います。

ボレーとは相手が打つボールに対してノーバウンドでダイレクトに返球するショットなのですが、ハイボレーとは高い打点(頭より上の打点)で打つショットになります。

ハイボレーはこちらがチャンスの時に打つことが多く、スマッシュの次に決め球とも言われています。

2.基本的なフットワーク

フォアハンドハイボレーの基本的なフットワークは3ステップで打っていけると理想的です。

1ステップ目は、スプリットステップをします。
スプリットステップとは、相手がボールを打つ前に軽くジャンプをして自分の重心を整えるものです。

2ステップ目は軸足をフォア側に出します。

ただ横に出すのではなく、斜め前へと足を出していけると理想的です。




3ステップ目は軸足と反対側の足をボールに向かって出していきます。

イメージとしてはボールに向かって踏み込んでいくイメージです。

この時に通常のフォアハンドボレーよりも大きく前へ踏み込んでいけると良いでしょう。
この大きな踏み込みによって、ボールに力が伝わりやすくなり、より強力なフォアハンドハイボレーを打つことが可能となるからです。

この3ステップでリズムよくボールを打っていきましょう。

3.基本的な構え方と打ち方

フォアハンドハイボレーの基本的な構え方は、テニスラケットを立てて、高くセットするという構え方です。

ハイボレーなので、打点が高くなる分構えも頭の横位の高さで構えることが理想となります。

加えてボールを高い打点で打つ時はテニスラケットが立っている状態が理想的なので、構えの時からテニスラケットが立っている状態が理想となります。

次に打ち方なのですが、構えの時に既にラケットは立てた状態であるので、そのまま前へ出していけるが理想的でしょう。

この時、高い打点で打つことになるので、テニスボールの上を捉えて、下から上のラケットの動きを加えて出していけると、安定したボールを打つことができます。




おすすめの記事