ジャンピングショットの打ち方 | 趣味のテニス

錦織圭選手の得意とするショットの一つとして、エアケイ(ジャンピングショット)があります。

テニスの試合で錦織選手を見たことがあるかたは一度は見られた光景ではないでしょうか。

そこで今回は「ジャンピングショットの打ち方」をご紹介したいと思います。

1.ジャンピングショットとは

そもそもテニスにおけるジャンピングショットとはどういったものなのでしょうか

ジャンピングショット、ジャックナイフ、エアケイ(錦織選手限定で)など色々な呼ばれ方をされていますが、まとめるとジャンピングショットのことで、名前の通りジャンプして打つショットのことを指します。

メリットとしては高い打点で打てることが一番に挙げられる点です。

逆にデメリットとしては、ジャンプする分体力や筋力を沢山使う点となります。

2.フットワーク

ジャンピングショットのフットワークには2種類あり、1つは4ステップで打つもの、もう一つは走りながらジャンプするものです。

まず、4ステップの方から説明していきますが、1ステップ目で打つ側(例えばフォアで打つならフォア側に)に一回サイドステップします。

2ステップ目で軸足を方の横あたりに置きます。

3ステップ目で軸足でない方の足をボール方向に向け置き、ジャンプするタメを作ります

4ステップ目でジャンプし、一番高いところでスイングしていきます。




これが4ステップでのジャンピングショットになります。

もう一つの走りながらジャンプして打つフットワークですが、これは相手から来るボールが短い時になります。

相手のボールが短いと判断できたら、まずボールに向かって前に走ります。

そしてボールに追いつきそうになったら、軸足を前足にして、ジャンプして、空中で横向きを上手く作ります。

そして、一番高いところでテニスラケットをスイングしていきます

3.打ち方

ジャンピングショットの打ち方を説明していきたいと思います。

ジャンピングショットで一番難しい点はジャンプとスイングのタイミングを上手く合わせる点でしょう。

先ほども説明した通り、一番高いところでスイングしてボールを打っていきたいのですが、一番高いところでスイングをし始めたら、打点は自分が下がるころになってしまいます。

なので、まずテイクバックをジャンプする前に構えておきます。

スイングスピードにより、タイミングが少し異なるのですが、基本的にはジャンプする時にスイングし始めれば、一番高い時に打点が来ると思います。

ジャンピングショットの際は、このタイミングを意識しながら打っていきましょう。

テニスにおいてジャンピングショットは難しいショットにあたるので、無理せずに少しずつ練習してみて下さい。




おすすめの記事