片手持ちバックハンドボレーの基本 | 趣味のテニス

バックハンドボレーといえば、片手持ちバックハンドボレーと両手持ちバックハンドボレーに分かれる場合が多いです。

特に男性の場合は片手持ちバックハンドボレーをされる方が多いです。

そこで今回は「片手持ちバックハンドボレーの基本」を紹介していきたいと思います。

1.構え方

片手持ちバックハンドボレーにおいて、テイクバックは一つの難しい点なのかもしれません。

なぜならば両手持ちに比べて、開放感があり主に片手だけでテイクバックをしなければならないからです。
なのでしっかりテイクバックしようと思うと、逆に力が入ってしまうかもしれません。

片手持ちバックハンドボレーのテイクバックにおいて重要なポイントとしては、ラケットを握っていない方の手でラケットを添える形でテイクバックの形を作る事です。

このラケットを握っていない方の手が、片手持ちバックハンドボレーでは重要になってきます。

それを踏まえて基本的な構え方なのですが、バックハンド側の自分の肩の横にラケットを置くような形でテイクバックできるとよいでしょう。

この時にあまり後ろまで引いてしまわないように気を付けましょう。




2.基本的なフットワーク

片手持ちバックハンドボレーの基本的なフットワークは3ステップで打っていけると理想的です。

1ステップ目は、スプリットステップをします。
スプリットステップとは、相手がボールを打つ前に軽くジャンプをして自分の重心を整えるものです。

2ステップ目は軸足をバック側に出します。

ただ横に出すのではなく、斜め前へと足を出していけると理想的です。

3ステップ目は軸足と反対側の足をボールに向かって出していきます。

イメージとしてはボールに向かって踏み込んでいくイメージです。

この3ステップでリズムよくボールを打っていきましょう。

3.ボレーのスイング

では次に、片手持ちバックハンドボレーの基本的なスイングについてご紹介していきます。

先ほどの肩の横にテイクバックした状態から、そのままフォア側の肩の方向に真っすぐテニスラケットを出していくようなイメージでラケットを出していきましょう。

この時に、体が正面側に開いていかないよう、横向きを意識してボレーしていけるようにしましょう。

テニスラケットを前に出すタイミングは、先ほど紹介した3ステップ目の踏み込みの時に合わせてテニスラケットを前へ出していけるのが理想的です。




おすすめの記事