ボクシングに於いて、ステップインとはその名の通り、ステップして相手に近づくことです。
自分の攻撃につながる重要な動きなので、注意点等見ていきましょう。

1.相手との距離を詰めるステップイン

相手との距離が遠く、自分のジャブやストレートが届かない時、当然ながら相手に近づいて自分の拳が届く位置に行かないといけません。

その時、ステップインします。その逆がバックステップですね。

ステップインするということは相手のパンチも届くであろう位置に行くことを意味します。

ですので、その際はボクシングの基本であるガードを忘れずに。ジャブ、ジャブで近づいてのストレートもよく見受けられます。

ジャブ、ジャブ、ストレートのようなコンビネーションは、その場で止まって打つことは少なく、ジャブでステップインして、近づいたところでストレートを打ち込むのが殆どです。

ジャブとステップインも、セットと考えてもいいでしょう。

ステップインするときは、膝を柔らかく使わないといけません。相手にステップインするのがバレてしまうと、バックステップで逃げられてしまいます。

小刻みに膝を動かし前後の動作を見せながら後ろの右足のつま先に力を入れて前に加速します。

2.ステップインの注意点と意識する事

よくやってしまうのが、前に行こうとする意識が強すぎて状態が前のめりになってしまうこと。




それを防ぐためには、しっかりと左足を踏み込み、壁を作るのが有効です。左足をブレーキに使いましょう。

左足の膝よりも顔が前に行かないように意識するといいですね。体が垂直になったままステップイン出来るのが理想です。

ステップインはシャドーボクシングの時から意識するのももちろんですが、縄跳びの時も意識してみましょう。

ボクサーの縄跳びは、なるべく素早く、跳ねることのないよう飛びます。

これがステップインで活きていきます。

ステップインの時も、跳ねてはいけません。跳ねる分スピードが失われ、相手のパンチがきた場合は踏ん張りが効かなくなってしまいます。

右足の指でリングを掴むイメージで踏ん張り、滑るように相手に近づきます。

そしてステップインしたら接近戦になる可能性が大いにあります。

それを避けたい場合は、今度は逆で、左足のつま先に力を入れて、後ろに下がります。

バックステップというやつですね。ステップインして近づき攻撃し、すぐさまバックステップで相手の射程外に移動する。

ヒットアンドアウェイという戦法です。

ステップインの練習は、ジムで対人出来る場合は、一方がステップインしたらもう一方はバックステップするといった練習がよいでしょう。

相手に合わせて動くのは、膝を柔らかくしないといけませんし、動体視力もいるので最初はなかなか難しいですよ。

下半身に意識がいってしまい、ガードが疎かになるのも注意しましょう。




おすすめの記事