バックステップは、ステップインとセットです。ボクシングの基本動作であるフットワークの前後の動きですね。ステップインと重なる部分もありますが、バックステップもものにすることで、動きに幅が生まれます。

1.ステップインとバックステップはセット

ステップインを攻撃用のフットワークとするなら、バックステップは防御用のステップといえます。ボクシングの理想は打たせずに打つ事です。これを文字通り完璧にこなすボクサーなど一人もいませんが、ステップインとバックステップでそれに近づけます。

バックステップは、どんどん前進してくる突進型の相手に有効です。こういう相手は、力にも自信があると思うので、近距離で打ち合うのは危険が伴います。そこでバックステップして相手の気を削いであげるのです。ちょうど、牛と闘牛士のような感じです。

ただ、リングは狭く、こちらも攻撃しないといけません。そのためには、バックステップしてのワン・ツーなどが良いです。相手は自分に向かってステップインしてきているので、体重は多少前のめりになっています。

そこでバックステップからのステップインで相手に食らわすのです。攻撃の気があるので、相手は防御が疎かになる確率が高く、これは結構決まりますよ。

また逆に、自身が最初にステップインして距離を詰めた場合、ワンツーなどを打ち、すぐさまバックステップで相手の手が届く範囲から脱出することも出来ます。




おそらく最初はバックステップが間に合わず当たってしまうこともあると思いますが、後ろに下がっている分威力は半減されるのです。スウェーなどでかわすよりも、断然安全なディフェンス技術です。では、その練習方法を見ていきましょう。

2.バックステップの練習方法

バックステップは対人で練習するのが一番でしょう。向かい合う人がステップインしてきた場合は、自分はバックステップ。これで一定の距離を保ちます。

フットワークの時も書きましたが、足の広さ、相手との距離、すべて一定であるのが理想です。それは自分が最も動きやすく、有利な距離となるのですが、そこにいきつくまでには相手との駆け引きもいるので、そこまで厳密に意識しなくても大丈夫でしょう。

相手が来たら、一歩下がる。難しく考えずに、右足から1.2のリズムで下がるのです。

慣れれば滑らかに滑るようにバックステップが踏めます。足だけのバックステップに慣れたら、それにジャブとストレートも加えてみるといいと思います。

右足を引くと同時にジャブを打ち、左足を引くと同時にストレートです。通常のステップインからのワン・ツーに慣れてからで大丈夫です。

その逆なので、ゆっくりやっても最初はぎこちないですが、出来れば相手と距離を開けながら、且つ手で突進を止めることが可能になるテクニックです。

ステップインとバックステップ、シャドーボクシングの時など、意識して取り組んでみてください。




おすすめの記事